木槿 むくげ

拾遺集・秋 よみ人しらず
君こずば誰に見せましわがやどの垣根にさける槿の花

花むくげはだか童のかざし哉 芭蕉

芭蕉 (野ざらし紀行)
道のべの木槿は馬にくはれけり

吹風に唇うるむ木槿かな 越人

二つ三つ十とつもらぬむくげ哉 千代女

修理寮の雨にくれゆく木槿哉 蕪村

朝顔にうすきゆかりの木槿哉 蕪村

白木槿夏華も末の一二りん 召波

もとの露すゑのしづくや花木槿 暁台

二日咲木槿となりてあさ寒し 暁台

白木槿糸瓜の中に咲にけり 暁台

花木槿里留主がちに見ゆる哉 一茶

寝る外に分別はなし花木槿 一茶

ぼろぼろが妻もうもれし木槿咲 一茶

立秋 今朝の秋 初秋 桐一葉 星月夜 七夕 織女 星合 天の川 梶の葉 草市 迎え火 盂蘭盆 魂祭り 墓参り 灯籠 走馬灯 盆の月 盆踊り 灯籠流し 送り火 大文字 花火 法師蝉 残暑 初嵐 新涼 稲妻 流星 芙蓉 木槿 鳳仙花 朝顔 南瓜 犬蓼の花 蓼の花 芭蕉 稲の花
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図