星合 星迎え 星の別れ 星祭

後拾遺集 能因法師
秋の夜を長きものとは星あひのかげ見ぬ人のいふにぞありける

新古今集 藤原長家
年をへてすむべき宿の池水は星合のかげも面なれやせん

俊成
なにごとをわれなげくらむ星合の空を見るにもみつ涙かな

定家
さえのぼる月のひかりにことそひて秋のいろなるほしあひのそら

定家
長月のありあけの月のあなたまで心はふくるほしあひのそら

定家
秋ごとに絶えぬ星合の小夜更て光並ぶる庭のともしび

良経
星合の空の光となる物は雲井の庭に照らす灯し火

定家
おのづから幾世の人のながむらむあまのかはらの星合のそら

家隆
露深き庭の灯し火数消ぬ夜や更ぬらん星合の空

秋きぬと妻こふ星や鹿の革 芭蕉

嘸な星ひじき物には鹿の革 芭蕉

高水に星も旅寝や岩の上

山陰や烏入来る星むかへ 去来

唐稈の葉は帯ほどに星祭 涼菟

ほしあいを何とかおもふ女郎花 千代女

馬はあれど牛や木幡の星迎 也有

戯にあふぎながさむほし迎 暁台

羅の袖や裂らむわかれ星 暁台

振袖の憂をはたちやほし祭 几董

尽ぬ世のためしを星の逢夜哉 青蘿

海士が子の乾かぬ袖をほし迎へ 青蘿

助舟に親子をちあふて星むかひ 一茶

彦星のにこにこ見ゆる木間哉 一茶

二布して夕顔棚の星むかひ 一茶

ふんどしに笛つゝさして星迎 一茶

鳴な虫あかぬ別れは星にさへ 一茶

あこが手に書て貰ふや星の歌 一茶

立秋 今朝の秋 初秋 桐一葉 星月夜 七夕 織女 星合 天の川 梶の葉 草市 迎え火 盂蘭盆 魂祭り 墓参り 灯籠 走馬灯 盆の月 盆踊り 灯籠流し 送り火 大文字 花火 法師蝉 残暑 初嵐 新涼 稲妻 芙蓉 木槿 鳳仙花 朝顔 南瓜 犬蓼の花 蓼の花 芭蕉 稲の花
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図