星月夜

禅寺の門を出づれば星月夜 子規

此頃や樫の梢の星月夜

戸口迄送つて出れば星月夜 子規

原広し吾門前の星月夜 漱石

喪を秘して軍を返すや星月夜 漱石

鞭鳴らす頭の上や星月夜 漱石

厳かに松明振り行くや星月夜 漱石

吾庭や椎の覆へる星月夜 碧梧桐

瓦燈口あかき見ゆるや星月夜 碧梧桐

星月夜狼火にあらぬ稲妻す 碧梧桐

水盤に紅おとすよりあてやかに早くひるごる星月夜かな 晶子

思ひはぐるる星月夜森の心澄む 山頭火

広く深く恐ろしきまで星月夜 喜舟

星月夜山なみ低うなりにけり 龍之介

草明りして露くらし星月夜 石鼎

うすうすと曇りそめけり星月夜 龍之介

町中を曇りそめけり星月夜 龍之介

みんなみに曇り立ちけり星月夜 龍之介

砂山をのぼりくだりや星月夜 草城

相語る星ちらちらや星月夜 草城

玻璃盞の相触れて鳴る星月夜 草城

火種借りて杉垣づたひ星月夜 水巴

草木映りて澪の長さや星月夜 水巴

たけ高きヒマラヤ杉の星月夜二階の窓に灯のうごく見ゆ 白秋

われの星燃えてをるなり星月夜 虚子

移り居る波のうねうね星月夜 かな女

山山を覆ひし葛や星月夜 たかし

若者みな去ににはかにねむき星月夜 草田男

星月夜つめたき鼻の触れ合ひし 草城

その墓に手触れてかなし星月夜 秋櫻子

別山を下り来る灯あり星月夜 秋櫻子

立枯れは喬木ばかり星月夜 青畝

立枯れは神慮なりけり星月夜 青畝

海髪を踏む跣なりけり星月夜 青畝

三輪山は玉と鎮みぬ星月夜 青畝

立秋 今朝の秋 初秋 桐一葉 星月夜 七夕 織女 星合 天の川 梶の葉 草市 迎え火 盂蘭盆 魂祭り 墓参り 灯籠 走馬灯 盆の月 盆踊り 灯籠流し 送り火 大文字 花火 法師蝉 残暑 初嵐 新涼 稲妻 芙蓉 木槿 鳳仙花 朝顔 南瓜 犬蓼の花 蓼の花 芭蕉 稲の花
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図