和歌と俳句

阿波野青畝

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

隠岐富士と呼ぶしたしさや畦を塗る

早乙女は隠岐の國なる媼かな

泰山木蕋をとどめて花は散る

戸隠の火を取る蛾にも蝶まじり

馬の鼻ぷるんと鳴らす暑さかな

奔流へ竜王の滝狂ひ落つ

灼け砂に海鳥の羽を拾ひ挿す

炎天に函嶺の紺滞る

海女二人朔日ごろの月に向く

立枯れは喬木ばかり星月夜

流れ星高天ヶ原をとびにける

蔓のまま朝顔飛びし野分かな

信濃路や花野のあなたにも花野

老猫の大きな顔に冬日かな

黒汐の冬白濤のおびただし

炉話や伯耆坊とは天狗ども

雪中に餅搗の薪無尽蔵

百度石かげれば年の暮れにけり