和歌と俳句

冬の日

虚子
わが眉の白きに燃ゆる冬日かな

秋櫻子
山鳩と冬日真向ふ楢の枝

草田男
冬日一輪をりをり光あらたにす

たかし
緑金に見よや冬日のゆらぎ燃ゆ

たかし
白焔に冬日の玉の隠れ燃ゆ

たかし
白焔の縁の緑や冬日燃ゆ

たかし
捨て捨てし塵の五色の冬日かな

万太郎
大丸の丸の輪ふとき冬日かな

草田男
床低きショーウィンドウに冬日溜る

爽雨
大幹に添うて冬日のうち震え

虚子
硝子戸に頬すりつけて冬日恋ふ

草田男
冬日の鉄壁ただねんごろに鋲多く

草田男
こぼれガソリン自ら乾き冬日うすし

多佳子
遺身の香女帯の長さ冬日巻く

多佳子
遍路笠裏に冬日の砂の照り

草田男
かたちなき勝利納るるや冬日揺るる

草田男
豊頬に冬日の翳をいなしつつ

波郷
惜命の杖に裾濃の冬日射す

虚子
冬日あり実に頼もしき限りかな

虚子
谷々の家々にある冬日かな

虚子
我が額冬日兜の如くなり

草田男
校門前の冬日のポストへ町娘

多佳子
冬日移るちりめん白地一寸織られ

不死男
浦波や寝連れ干鰯に冬日立つ

不死男
冬の日の手紙うごかす秤針

青畝
千曲川奈落に冬日照りにけり

立子
わが膝に今冬日さし句帖乗り

青畝
老猫の大きな顔に冬日かな

汀女
目つむればまぶたにぬくき冬日かな

立子
鎌倉の谷戸の冬日を恋ひ歩く

立子
冬の日のいつも我追ひ我包み

悌二郎
松下村塾残す一机に冬日さす

爽雨
冬日消ゆ道は築地を左右となる

爽雨
冬日さす柱列賽者ゆかしむる

静塔
窯出しの木の間を撰りて冬日さす

誓子
紅玉の冬日懸れるゴルフ網

みどり女
冬の日に釦をかがる卒壽かな