短日 日短か

漱石
柿落ちてうたた短かき日となりぬ

碧梧桐
短日やさそはれ出しかげ詣り

放哉
短日や已に灯して寄席のあり

碧梧桐
牛羊の牧短日の歩みかな

鬼城
短日や樫木原の葱畑

万太郎
短日や摺師は知らぬ絵の心

万太郎
短日やけふの案内の泉岳寺

万太郎
短日やのれんのそとの店の音

万太郎
短日や永代橋の帆前船

蛇笏
短日のはや秋津嶋灯しけり

蛇笏
短日の時計の午後のふり子かな

石鼎
短日の磯を汚しし烏賊の墨

赤彦
寂しくて布団の上ゆ仰ぎ見る短日の陽は傾きにけり

万太郎
短日や麻布二の橋三の橋

石鼎
短日の日色に月をかゝげけり

石鼎
短日の梢微塵にくれにけり

石鼎
短日の月をかゝげし山家かな

石鼎
短日の水汲みに出ぬま一桶

草城
短日の大いなる樹を斫り倒す

石鼎
短日や或時ふとき我心

石鼎
短日やいつまで澄みてくるる空

万太郎
短日や塗りあがりたる壁の色

万太郎
短日のみすみす無理な話かな

風生
短日の街はや夜や退庁す

万太郎
短日やすでに灯りし園の中

茅舎
短日の照し終せず真紅ゐ

立冬 初冬 神無月  初時雨 炉開 口切 十夜 酉の市 茶の花 山茶花 柊の花 八手の花 石蕗の花 芭蕉忌 鉢叩き 大根 小春 冬日和 帰り花 紅葉散る 落葉 銀杏落葉 木の葉 木枯らし 時雨 冬構え お火焚 網代 柴漬 短日 冬の日 顔見世 冬の空 水鳥 かいつぶり 初雪 初氷 寒さ 冬木立 枯木 冬枯 枯尾花 枯蓮 枯芝
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内