酉の市 熊手

酉の市

子規
世の中も淋しくなりぬ三の酉

子規
吉原ではぐれし人や酉の市

虚子
若夫婦出してやりけり酉の市

淡路女
ぬかるみに下駄とられけり酉の市

石鼎
旦より二の酉小雨光降る

万太郎
明けはなれゆく夜のかげや酉の市

素十
酉の市疱瘡神も照らさるゝ

万太郎
外套の仕立おろしや酉の市

みどり女
一の酉菊も売るなる社道

喜舟
酉の市の人波囃す神楽かな

万太郎
酉の市山谷へ出づと月の中

万太郎
月かけて晴れぬく空や酉の市

喜舟
淋しさや護国寺近き酉の市

万太郎
くもり来て酉の夜のありあたゝかに

万太郎
初酉のつぶるゝ雨となりにけり

万太郎
三の酉つぶるる雨となりけり

淡路女
酉の市福財布とて婆も買ふ

淡路女
酉の市そのお神楽の馬鹿熊手

かな女
海岸に大廻りしぬ三の酉

万太郎
三の酉しばらく風の落ちにけり

万太郎
たかだかとふけたる月や三の酉

万太郎
めっきりとことしの冬や酉の市

万太郎
酉の市はやくも霜の下りにけり

万太郎
宵酉のふぜいの雨となりにけり

万太郎
龍泉寺町のそろばん塾や酉の市

万太郎
提灯のちやうちんや文字酉の市

波郷
風おろしくる青空や一の酉

波郷
二の酉やいよいよ枯るる雑司ケ谷

秋櫻子
星空を闇とは見せつ酉の市

波郷
一の酉ベッドの裾を黄葉染め

波郷
二の酉や枯木襖のむらさきに

波郷
気散じにちりし銀杏や酉の市

波郷
青空と風が出そめぬ一の酉

波郷
風すぐに櫟しぼりぬ一の酉

立子
二の酉もとんと忘れて夜に入りし

熊手

虚子
病む人に買うて戻りし熊手かな

虚子
何やらがもげて悲しき熊手かな

鬼城
人の中を晏子が御者の熊手かな

淡路女
熊手店枯木のもとにきらびやか

喜舟
朝風に金箔飛ばす熊手かな

淡路女
派手やかに〆て熊手の売れにけり

淡路女
大熊手売れし手打ちの又聞ゆ

淡路女
金箔に風きらきらと熊手店

風生
俳諧の欲の飽くなき熊手買ふ

立冬 初冬 神無月  初時雨 炉開 口切 十夜 酉の市 茶の花 山茶花 柊の花 八手の花 石蕗の花 芭蕉忌 鉢叩き 大根 小春 冬日和 帰り花 紅葉散る 落葉 銀杏落葉 木の葉 木枯らし 時雨 お火焚 短日 冬の日 顔見世 冬の空 水鳥 かいつぶり 初雪 初氷 寒さ 冬木立 枯木 冬枯 枯尾花
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図