古今集 源宗于
山ざとは冬ぞさびしさまさりける人めも草もかれぬと思へば

好忠
外山なる柴の立枝に吹く風のおときくをりぞ冬はものうき

好忠
柴たきていほりに煙立ちみちて晴れずものおもふ冬の山里

好忠
草の上にここら玉ゐし白露を下葉の霜とむすぶ冬かな

俊成
いつしかと冬のしるしに立田川紅葉とぢまぜうす氷せり

俊成
冬されば野原もいとど霜枯れてものさびしくもなりまさるかな

新古今集 西行
寂しさにたへたる人のまたもあれな庵ならべん冬の山里

有家
宿ごとに絶えぬ朝餉の煙さへ冬の気色はさびしかりけり

定家
はれくもるそらにぞ冬もしりそむる時雨は峯の紅葉のみかは

定家
ふみわくる道ともしらぬ雪の内にけぶりもたゆる冬の山ざと

実朝
山里は冬こそことにわびしけれ雪ふみ分けてとふ人もなし

芭蕉
石枯て水しぼめるや冬もなし

冬庭や月もいとなるむしの吟

子規
のら猫の糞して居るや冬の庭

虚子
冬帝先づ日をなげかけて駒ケ嶽

風生
真榊の幣の紅白冬の宮

蛇笏
田を截つて大地真冬の鮮らしさ

晶子
冬は憂し木立も上の大ぞらも牛の角かと思ふ色する

石鼎
船底に寝れば陸なし利根の冬

青邨
冬の宿阿寒の毬藻のみ青く

青邨
蛞蝓の行路はかはく冬の石

茅舎
この冬を黙さず華厳水豊か

立冬 初冬 神無月 初時雨 炉開 口切 十夜 酉の市 茶の花 山茶花 柊の花 八手の花 石蕗の花 芭蕉忌 鉢叩き 大根 小春 冬日和 帰り花 冬紅葉 紅葉散る 落葉 銀杏落葉 木の葉 木枯らし 時雨 お火焚 短日 冬の日 顔見世 冬の空 水鳥 かいつぶり 初雪 初氷 寒さ 冬木立 枯木 冬枯 枯尾花
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内