和歌と俳句

阿寒

バス来るや虹の立ちたる湖畔村 虚子

火の山の麓の湖に舟遊 虚子

大木の沢山倒れ蝦夷の 立子

接骨木の木の間に鱒を釣りにけり 立子

水涼し毬藻に鱒のひらめきて 亜浪

山蝉や雄阿寒雲を呼んで聳つ 亜浪

ななかまど一枝は赤く文月に 青邨

冬の宿阿寒の毬藻のみ青く 青邨

毬藻手にちぎれちぎれの秋の天 楸邨

雄阿寒のずりあがりゆく燕かな< 楸邨

雌阿寒の霧ゆけば見えさるをがせ 楸邨

けむりふく嶺も月夜やお花畑 蛇笏

遠雲の夏おとろへぬ阿寒岳 秋櫻子