和歌と俳句

層雲峡

茂吉
朝日岳 十勝岳見ゆ みんなみに 石狩岳は かた寄りにけり

茂吉
海に入る 石狩川の みなかみは かかるはざまを ながれたるはや

石狩の源の滝先づ三つ 虚子

帽取つて仰げばとはに霧雨が 虚子

石狩の水上にして水澄まず 虚子

十人は淋しからずよ秋の暮 虚子

稲筵天塩の山も見ゆるかな 虚子

蕗の葉をかざし別るゝ夕まぐれ 立子

女郎花少しはなれて男郎花 立子

夕焼けて天柱寶の夏嵐 蛇笏

天の裂目巌の裂目の滝落つる 青邨