和歌と俳句


藤原清輔
かたがたに なきて別れし むら鳥は 古巣にだにも かへりやはする

藤原清輔
たまたれの 御簾のうちより 出でしかば そら焚きものと 誰も知りにき