和歌と俳句

岩木山 津軽富士

牧水
わが行く手 晴るるとすれば 岩木山 また吹雪き来て 馬嘶かず

牧水
むら山の 峡より見ゆる 白妙の 岩木が峯に 霞たなびく

嵐ふく古城の花に津軽富士 蛇笏

代馬は大きく津軽富士小さし 虚子

風の凌霄ここの覧きれいな岩木山 草田男

眼下津軽肩はなれゆく夏の蝶 楸邨

津軽青野に煙一筋林檎磨く 楸邨

馬洗ふ蒼茫として出羽の国 楸邨

にきらめく一劃そこへくだる 楸邨

なかぞらにもゆるは峰の草紅葉秋櫻子