和歌と俳句

飯田蛇笏

前のページ<< >>次のページ

日中の微雨きりきりと四葩かな

雨に剪る紫陽花の葉の眞青かな

水葬の夜を紫陽花は卓に満つ

花とつて臘白の頬や墓詣

盆過ぎのむらさめすぐる榛の水

秋の昼書にすがりたる命かな

雲井なる富士八朔の紫紺かな

旭光にめぐりてやまぬ葦の露

青梅路や秋がすみして大菩薩

乳牛に無花果熟るる日南かな

つかのまの絃歌ひびきて秋の海

秋海にたつきの舟の曇りけり

こしかけて山びこのゐし猿茸

乱菊をかすめてはやき月の雨

火をはこぶ娘のはるかより鹿の雨

秋の嶺浸れる水の諸手舟

かげ富士は波がくれなる燈籠かな

瀾巻いて平沙のくもるとんぼかな

船路より大山秋のすがたかな

短日や賤が会釈の羞かしく

日も月もわたりて寒に闇夜かな

行く年やかけながしたる芭蕉像

燈影をはばみてもゆる除夜の炉火

鵜は舟に鴉は山に冬日かな

寒水を飲みはなちたる柄杓かな