和歌と俳句

飯田蛇笏

前のページ<< >>次のページ

雲霧にこずゑは見えず遅ざくら

自画像に月くもりなき窗の夏

暑き日の鉱山見ゆる不浄門

避暑の娘を大濤高う搖りにけり

単衣着の襟の青磁にこころあり

うす箋に愁ひもつづり夏見舞

風鈴屋老の弱腰たてにけり

富士垢離のほそぼそたつる煙りかな

風吹いて古墳の土の蜥蜴かな

水替へて鉛のごとし金魚玉

深窗に孔雀色なる金魚玉

鉄塔下茄子朝焼けに咲きそめぬ

浮きくさを揚げたる土の日影かな

緑蔭やうすはかげろふ漣を追ふ

青柿の花活け水をさし過ぎぬ

夕ぐれの卓の克に初苺

尼も乗る松前船の南風かな

数珠かけて芭蕉葉をしく病尼かな

弔うて墓苔にほふ盛夏かな

雲通る百姓寺の曝書かな

河童に梅天の亡龍之介

水虎鳴く卯の花月の夜明けかな

河童子落月つるす夜の秋

河童の供養句つづる立夏かな

日影して孔雀いろなる盆の市