草萌え

 子規
みちのくの岩手の牧場草萌えて千里行く馬の子もいはゆなり

四蹄白の二歳たのもし草萌る 碧梧桐

千樫
草萌えてあかるき山の石の上にわれも休めり妹もやすめり

赤彦
ひむがしの道のはてなる毛野の山草さへ萌えてまた逢はめやも

かなしき事のつづきて草が萌えそめし 山頭火

馬蹄かへす土に霜あり草萌ゆる 石鼎

筏木の皆巌摺れや草萌ゆる 石鼎

ぼろぼろに朽ちし柴垣草萌ゆる 泊雲

縄がこひして草萌を待つばかり 虚子

天地に神おはしけり草萌ゆる 淡路女

草萌や野焼の跡のすでに濃き 波郷

遠山は雨でありけり草萌ゆる 波郷

草萌や詣でて影す老の者 蛇笏

草萌や大地総じてものものし 虚子

石一つ抜けしあとあり草萌ゆる 泊雲

休み石、それをめぐつて草萌える 山頭火

草萌や鳥籠を置く台も青 石鼎

夕風の見えたり土堤の草萌に かな女

草萌や百花園主のそぞろなる 虚子

園丁の往きつもどりつ草萌ゆる 虚子

街の音とぎれる間ありき草萌ゆる 汀女

生きられるだけは生きやう草萌ゆる 山頭火

四阿の柱をめぐりて草萌ゆる 青邨

立止まりと見る園主に萌ゆる草 虚子

草萌ゆるほとり灯入りぬアーク燈 汀女

池に浮く鴨もそぞろや草萌ゆる たかし

草萌や寺院の吊る鸚鵡籠 蛇笏

しんしんと草萌え人等日を経たる 鷹女

離りゆく子と野には来つ草も萌え 

石獣のほとりの草の萌えそむる 蛇笏

鵲は巣に馬耕の墓べ草萌ゆる 蛇笏

草萌ゆる憤怒の目路の千余年 楸邨

草萌えてわづか染めける石の裾 秋櫻子

雨降れば雨も行くべし草萌ゆる 汀女

もの縫へば何やら安し草萌ゆる 汀女

塔そこにある安らぎに草萌ゆる 汀女

立春 早春 春浅し 二月 初午 雪解 残雪 春寒 余寒 冴え返る 猫の恋 野を焼く 山焼く 麦踏 猫柳 蕗の薹 紅梅 下萌え 草萌え 実朝忌 三月 如月 雛祭り 春の雪 春雷 啓蟄 東風(こち) 春めく 春の山 水温む 春の水 田螺 涅槃 西行忌 帰る雁 彼岸 彼岸桜 暖か 雲雀
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図