初午

はつむまに狐のそしり頭哉 芭蕉

初午やその家その家の袖だたみ 蕪村

初午や物種うりに日のあたる 蕪村

はつむまや鳥羽四塚の鶏の声 蕪村

初むまや足踏れたる申分ン 召波

はつむまやななつの年のくゞり道 白雄

はつ午やもの問初る一の橋 太祇

初午に無官の狐鳴きにけり 一茶

初午や土手は行来の馬の糞 子規

一葉
うかれてはたぬも鼓やうち添へむ初午まつるもりのみやしろ

初午に鴬春亭の行燈哉 子規

初午や神主もして小百姓 鬼城

初午や枯木二本の御ん社 鬼城

初午の行燈や薮に曲り入る 虚子

吉野山奥の行燈や一の午 蛇笏

初午の月の月番あたりけり 万太郎

本町の母の里なり一の午 万太郎

初午や宵に届くる仕立物 万太郎

初午の宵の赤坂田町かな 万太郎

初午や鍵預りの古袴 泊雲

初午の祠ともりぬ雨の中 龍之介

初午や菜畑もある邸内 淡路女

立春 早春 春浅し 二月 初午 雪解 残雪 春寒 余寒 冴え返る 猫の恋 野を焼く 山焼く 蕗の薹 紅梅 実朝忌 三月 如月 雛祭り 春の雪 春雷 啓蟄 東風 春めく 春の山 水温む 春の水 田螺 涅槃 帰る雁 彼岸 彼岸桜 暖か 雲雀 春の雨 春泥
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図