和歌と俳句

正岡子規

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

のどかさや内海川の如くなり

栴檀のほろほろ落る二月

三月を此能故に冴え返る

小舟漕で大船めぐる春日

永き日の滋賀の山越海見えて

金比羅に大絵馬あげる日永

宮嶋や春の夕波うねり来る

春の夜の石壇上るともし哉

春の夜のともし火赤し金屏風

朧夜の銭湯匂ふ小村哉

珠数ひろふ人や彼岸の天王寺

山一つこえて畑打つ翁かな

大仏に草餅あげて戻りけり

春風や木の間に赤き寺一つ

春風や石に字を書く旅硯

春風や森のはづれの天王寺

行く人のになつてしまひけり

奈良の町の昔くさしや朧月

春雨の土塀にとまる烏かな

春の水石をめぐりて流れけり

春の野や何に人行き人帰る

家ありや牛引き帰る春の山

大船の真向に居る汐干

や枯木の中の一軒家

山道や人去つて あらはるる