朧月

花の顔に晴うてしてや朧月 芭蕉

海棠の花のうつつや朧月 其角

大原や蝶の出て舞ふ朧月 丈草

朧月一足づゝもわかれかな 去来

四条から五条の橋やおぼろ月 許六

あし音にしる人も有朧月 千代女

何事かある身にはよき朧月 千代女

穴の明松風もなし朧月 千代女

行過て見直す人や朧月 千代女

障子には夜明のいろや朧月 也有

翌日の空どちらへならむ朧月 也有

薬盗む女やは有おぼろ月 蕪村

女倶して内裏拝まんおぼろ月 蕪村

おぼろ月大河をのぼる御舟かな 蕪村

梨の園に人彳めりおぼろ月 蕪村

よき人を宿す小家や朧月 蕪村

朧月蛙に濁る水やそら 蕪村

瀟湘の鴈のなみだやおぼろ月 蕪村

月おぼろ高野の坊の夜食時 蕪村

さしぬきを足でぬぐ夜や朧月 蕪村

我影や心もとなき朧月 召波

おぼろ月宇治の山辺を行ひとり 暁台

川下に網うつ音やおぼろ月 太祇

海の鳴南やおぼろおぼろ月 太祇

島原へ愛宕もどりやおぼろ月 太祇

物音は人にありけりおぼろ月 太祇

すみの江に高き櫓やおぼろ月 太祇

しやせまし志賀の山越おぼろ月 几董

落ぬべき西山遠しおぼろ月 几董

雪のまゝに竹うちふして朧月 青蘿

段々に朧の月よこもり堂 一茶

春の日 日永 遅日 麗らか 長閑 初桜 入学 草餅 桜餅 桃の花 梨の花 沈丁花 辛夷 木蓮 連翹 春暁 春昼 春の夕 春の暮 春の宵 春の夜 春の月 朧月 蝌蚪 花の雲 花見 汐干 桜貝 仏生会 花御堂 甘茶 菜の花 春の風 山吹
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内