行く春

新勅撰集 俊成
ゆく春の霞のそでをひきとめてしほるばかりや恨みかけまし

定家
恨みてもかひこそなけれゆく春のかへる方をばそことしらねば

俊成
行く春は知らずやいかに幾かへり今日の別れを惜しみ来ぬらむ

定家
行く春よ別るる方も白雲のいづれのそらをそれとだに見む

定家
しのばじよ我ふりすててゆく春のなごりやすらふ雨の夕暮れ

実朝
ゆく春のかたみとおもふを天つ空ありあけの月はかげもたえにき


行春にわかの浦にて追付たり 芭蕉

行春や鳥啼魚の目は泪 芭蕉

行春を近江の人とおしみける 芭蕉

行春に佐渡や越後の鳥曇り 許六

行春にそこねた蝶はなかりけり 千代女

ゆく春や一寸先は木下やみ 也有

行春や送る門には松もなし 也有

行春や撰者をうらむ哥の主 蕪村

洗足の盥も漏りてゆく春や 蕪村

ゆく春や歌も聞へず宇佐の宮 蕪村

行春や眼に合ぬめがね失ひぬ 蕪村

ゆく春やおもきかしらをもたげぬる 蕪村

行春のいづち去けむかゝり舟 蕪村

行春やおもたき琵琶の抱心 蕪村

ゆく春や横河へのぼるいもの神 蕪村

行春や白き花見ゆ垣のひま 蕪村

行春やむらさきさむる筑羽山 蕪村

ゆく春や逡巡として遅ざくら 蕪村

行春に流しかけたる筏かな 召波

ゆく春のとゞまる処遅ざくら 召波

行春やつひに根付しさかの松 暁台

行春や旅へ出て居る友の数 太祇

行春の町やかさ売すだれ売 一茶

行春や我を見たをす古着買 一茶

一茶
行春の空はくらがり峠かな

春の日 日永 遅日 長閑 初桜 入学 草餅 桜餅 桃の花 梨の花 沈丁花 辛夷 木蓮 連翹 春暁 春昼 春の暮 春の夜 春の月 花の雲 花見 遅桜 桜鯛 春の海 春の潮 汐干 桜貝 金鳳花 桜草 ヒヤシンス 仏生会 花御堂 甘茶 菜の花 山吹 海棠 馬酔木の花 茶摘み 躑躅 石楠花 行く春 暮春 春惜しむ
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図