春の宵 春宵

筋違にふとん敷たり宵の春 蕪村

公達に狐化たり宵の春

怪談に女まじりて春の宵 子規

堆き茶殻わびしや春の宵 漱石

古寺に鰯焼くなり春の宵 漱石

春の宵神木折れて静かなり 漱石

鉄幹
うしろよりきぬきせまつる春の宵そぞろや髪の乱れて落ちぬ

晶子
人かへさず 暮れむの春の 宵ごこち 小琴にもたす 乱れ乱れ髮

晶子
ふしませと その間さがりし 春の宵 衣桁にかけし 御袖かづきぬ

晶子
春の宵を ちひさく撞きて 鐘を下りぬ 二十七段 堂のきざはし

養生の酒色に出づ宵の春 碧梧桐

晶子
春の宵壬生狂言の役者かとはやせど人はものいはぬかな

白馬に使者にほやかや春の宵 碧梧桐

晶子
階上の戸を閉めに行く春の宵臆病の子もにくからぬかな

春宵の花の渡舟が残りけり 万太郎

春宵や屋根から上の花の闇 万太郎

同じ橋三たび渡りぬ春の宵 漱石


草臥を母とかたれば肩に乘る子猫もおもき春の宵かも

鶴を折る間に眠る児や宵の春 放哉

新内ヲ門二呼ビケリ宵ノ春 放哉

妻もするうつりあくびや春の宵 草城

葛を練る箸のあがきや宵の春 龍之介

春宵の灰をならして寝たりけり 石鼎

藪空に拡ごる星や春の宵 泊雲

春宵や牡丹刷毛打つ音耳に 風生

降りいでて外のくらさや春の宵 石鼎

春宵の食事終れり観光団 普羅

額つりて小家賑し春の宵 普羅

春宵や光輝く菓子の塔 茅舎

春宵や柱のかげの少納言 虚子

春の日 日永 麗らか 初桜 入学 草餅 桜餅 桃の花 梨の花 沈丁花 辛夷 木蓮 連翹 春暁 春昼 春の夕 春の暮 春の宵 春の夜 春の月 朧月 花の雲 花見 花曇 遅桜 春の海 桜鯛 汐干 桜貝 仏生会 花御堂 甘茶 菜の花 山吹 海棠 馬酔木の花 茶摘み 躑躅 石楠花
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図