畦塗り

畦塗りに雪一二片通りすぐ 素十

わが影に畦を塗りつけ塗りつけて 素十

御本山二十重の畦を塗りかたむ 茅舎

畦塗りの雨にかくれてゐたりけり 月二郎

曙の早き畦塗立てりける 青畝

畦塗るや軽雷耳にこころよく 麦南

畦塗るや鍬押当てて住戻り たかし

畦塗りてあたらしき野が息づける 楸邨

畦を塗る鍬の光をかへしつつ 虚子

畦塗るや首をかしげて懇に 虚子

畦塗るや聖牛角を正しをり 普羅

浅間こす夕日に追はれ畦をぬる 普羅

塗畦の照る奥能勢となりにけり 青畝

塗畦を参道にして瑞石寺 青畝

雨雲のはしりとぶなり畦を塗る 青畝

塗畦や此所の石碑も湯殿山 青畝

畦塗をいそげいそげと奥曇る 青畝

畦塗の深田踏みぬく音ひびく 林火

隠岐富士と呼ぶしたしさや畦を塗る 青畝

畦塗に加賀白山の光りけり 青畝

ほそぼそと羽の國ぶりの畦を塗る 青畝

畦塗りの腰ふわふわと雪嶺よ 静塔

春の日 日永 麗らか 初桜 入学 草餅 桜餅 桃の花 梨の花 沈丁花 辛夷 木蓮 連翹 朧月 花の雲 花見 遅桜 桜鯛 春の海 春の潮 汐干 桜貝 金鳳花 桜草 ヒヤシンス 仏生会 花御堂 甘茶 菜の花 春の風 山吹 海棠 馬酔木の花 茶摘み 畦塗り 躑躅 石楠花 行く春 暮春 春惜しむ
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
旅行案内 お得区案内図