和歌と俳句

阿波野青畝

葛飾の田螺を食ひし鴨なりき

天城より水迸り山葵咲き

かの岩をきはめし花の立石寺

雨雲のはしりとぶなり畦を塗る

塗畦や此所の石碑も湯殿山

畦塗をいそげいそげと奥曇る

旅淋し咲く田の涯しらず

山吹ところどころに濃山吹

朴の木の芽に暁の闇まとふ

古町の伊達の桑折に繭問屋

伊達の桑信夫の桑に線路あり

梨棚や一切経山を西に見て

また曲る那須のけむりや草摘める

代蛙鹿島の森の楽の如

苗代にあやめぐさ咲く十二橋

加藤洲の藪のまぎはのあやめかな

げんげんの花のさかりに関の雨

新涼や禅宗坊主美しく

四九日の僧美しき夏行かな

聾青畝ここに居るぞと青葉木菟

九頭竜の涯の燈台天の川

肌ぬぎの老女荒海育ちかな

老人の跣の指のまばらかな

一輪の龍膽餐けよ鶴の墓

せきれいの叩く泉石ひきしまり