和歌と俳句

阿波野青畝

花樗西湖の波のまのあたり

七十の海女達者かや夏の海

海女の目のなかに鮑の国つくり

さみどりはすぐこみどりに海女潜り

海女涼し玉依姫の血あるかや

干草の山うごきくる対馬馬

旅づかれ天道虫の手にとまる

山黴びて石ころの色かはりをり

夏籠や首楞厳経まだ知らず

三輪の里降りわたりたるかな

白魚火や国引せしといふ海に

波の底衣紋をぬぎしをり

流し雛日本の国の磯を去らぬ

くぐりては傘上ぐる藤の雨

春潮のささやく島の殿づくり

牡丹百二百三百門一つ

牡丹見て深く心に写したり

白牡丹暮れず関白自刃の間

ならべられつつ口動くを買ふ

みよしののどんぞこの田の植ゑ終り

をだまきの花に床几や山登り

夏蝶の出入自在や仁王門

蟻地獄聖はめしひたまひけり

装束の真黒き鵜匠夕ごころ

百合涼し雄蘂はげしくうなづきて