楝の花 樗の花 栴檀の花

憶良
妹が見し楝の花は散りぬべし我が泣く涙いまだ干なくに

好忠
名にし負へば頼まれぞする我恋ふる人にあふちの花咲にけり

花落ちて青雲なびく樗哉 宗因

玉鉾の道の月夜や花あふち 来山

一本のあふちにくらし一在所 来山

どむみりとあふちや雨の花曇 芭蕉

栴檀の花ちりかけて雲津川 北枝

鮓うりのかざしにとれや花樗 暁台

漉水の雫かすりてはなおほち 暁台

むら雨や見かけて遠き花楝 白雄

夜芝居の小屋をかけたる樗かな 子規

見返るや門の樗の見えぬ迄 子規


鬼怒川の高瀬のぼり帆ふくかぜは樗の花を搖らがして吹く

大利根の水守る宮や花樗 碧梧桐

茨のちる水を覆うて樗かな 碧梧桐

行水のあとの大雨や花樗 蛇笏

白秋
羽根そよがせ雀樗の枝に居り涼しくやあらむその花かげは

星掛て地にうす影や花樗 青畝

栴檀の花のさかりの睡き昼 草城

里川や樗花咲く岸つゞき 喜舟

野馬追も近づき樗咲きにけり 楸邨

上げ潮にまぶしき芥花樗 久女

花樗屋根とおなじに暗くなる 草田男

南殿のしとみあげあり花樗 鳳作

花あふち梢のさやぎしづまらぬ 多佳子

旅人とわれと樗の落花踏む 誓子

栴檀の花天碧く咲き満ちて 誓子

咲き闌けしけはひに散るや花あふち 草城

千年の樗の花に棲み古りぬ 鷹女

樗まだ散らずと誓子句集にも 鷹女

花樗西湖の波のまのあたり 青畝

樗咲けり古郷波郷の邑かすむ 秋櫻子

むらさきの散れば色なき花樗 たかし

栴檀の花うすいろに郷薄暑 蛇笏

雙燕の啼き交ふあふち花ざかり 蛇笏

花樗トラック否む子牛跳ね 悌二郎

見おろしの樗を透きて裸童女 三鬼

六月 花菖蒲 あやめ 杜若 著莪の花 短夜 初鰹 花橘 柿の花 石榴の花 栗の花 椎の花 栴檀の花 えごの花 くちなしの花 紫陽花 茴香の花 紅の花 十薬 萱草の花 梅雨 五月雨 蝸牛 さくらんぼ  青梅 枇杷 早苗 田植え アマリリス 鵜飼 葭切 翡翠 蚊帳 青嵐 風薫る
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図