和歌と俳句

高浜虚子

前のページ< >次のページ

寝られざる闇に描きし牡丹かな

我入れば暫し菖蒲湯あふれやまず

郷音をなつかしみ行く花茨

花茨かぶさりかかる野水かな

花茨此道行けば城下かな

明やすや響きそめたる老の咳

古書の文字生きて這ふかや灯取虫

威儀の僧扇で払ふ灯取虫

うち立てば利根の風あり田草取

清風に尚ほ蠅居るや一二匹

古蚊帳の月おもしろく寝まりけり

浅ましき昼の蚊帳を見せまじな

暑し更に散歩を移すなる

甲板にいつも空き居る籐椅子かな

海風に吹きゐざりたる籐椅子かな

唯一人船繋ぐ人や月見草

夕立の池に足洗ふ男かな

夏帯にはさみ没せし扇子かな

舵取りて傾く舟の日覆かな

今一つ奥なるに九十九折

草がくれ麗玉秘めし清水かな

庭の石ほと動き湧く清水かな

いと軽き洗ひ晒しの古浴衣

橋裏を皆打仰ぐ涼舟

日焼して竝び出づるや松の門