日除け 日覆

今日の日も衰へあほつ日除かな 虚子

日除して百日紅を隠しけり 鬼城

眼のあたり怒涛相うつ日覆かな 石鼎

簀日除を人馬潜らせ茶店かな 石鼎

東海の日に朝からの日除かな 喜舟

三日月にたたむ日除のほてりかな 水巴

日覆に松の落葉の生れけり 虚子

日除して青田に沈む小家かな 普羅

日蔽やキネマの衛鬱然と 誓子

旅の路日覆の書肆にはひりけり 爽雨

大旅館終に日除をかけにけり 石鼎

クリーニングのアイロン見ゆる日覆かな 石鼎

日覆より午後三点の鐘なれり 誓子

艫に張る一枚日覆艫をかくす 誓子

日車の影は日覆にまぎれなく 悌二郎

舳の日覆艫の日覆と向きかはる 誓子

夜の日覆涼しき風のひそみける 楸邨

おもひでの町のだんだら日除かな 万太郎

蔽ひ押す葉の透き見ゆる日覆かな 石鼎

白木綿の日蔽つる時日の暑し 石鼎

舟ゆるる昼餉の日覆かかぐべく 悌二郎

釣堀の日蔽の下の潮青し 虚子

浜街道日除に浪のひびく日あり 林火

港通り日覆はやめつつ海青し 林火

日覆に針のやうなる洩れ日かな たかし

日覆や湯槽の潮未だ沸かず 波郷

日覆に少女は水を滝なさしめ 波郷

壇浦見渡す日覆まかせけり 久女

日覆かげまぶしき潮の流れおり 久女

みづうみへけしき競へる日除かな 万太郎

俘虜貨車の日覆はためき迅走す 静塔

吊り下げし仮の日除の蓆かな 虚子

浅間背に日覆したる家並び 虚子

だんだらの日覆くだもの赤青黄 林火

日蔽が出来て暗さと静かさと 虚子

日の二時の木のかげやどす日除かな 万太郎

煉瓦館日除真紅に老給仕 汀女

棕櫚縄の垂涼しげに日除出来 立子

七月 百合 月見草 合歓の花 夾竹桃 青田 雲の峰 夕立 団扇 日除け 日傘 道おしえ 夏の山 キャンプ 雪渓 清水 涼し 浴衣 涼み 打ち水 夏の月 心太 すし 風鈴 釣葱 金魚 水中花 閻魔詣 祇園祭 日盛 炎天 昼寝 夕焼 雨乞 避暑 帰省 梅干 夏痩せ 夕顔 睡蓮 トマト 茄子 御祓 ダリア 向日葵 虎杖の花 百日紅
お得区案内図