日傘

清水の阪のぼり行く日傘かな 子規

鈴の音のかすかにひびく日傘かな 蛇笏

日傘さし荷蘭陀こちを向きにけり 龍之介

顔かくし行過ぎたりし日傘かな 虚子

畳み持てば君に柄長な日傘かな 碧梧桐

日傘さす人に栄えある渡船かな 放哉

久松の日傘みはやす針子かな 万太郎

深川の埃侘ぶなり古日傘 万太郎

船中に日陰を作る日傘かな 鬼城

店々へ顔かくし行く日傘かな 喜舟

京人の言葉やさしき日傘かな 淡路女

舞妓見てたしかに京や日傘 みどり女

照り降りにさして色なし古日傘 久女

水浅黄ほのかにひらく日傘かな 草城

砂山に日傘畳んで遊びけり 草城

砂山に泳がぬ妹の日傘見ゆ 草城

ほろほろと雨つぶかかる日傘かな 石鼎

ひらきたる日傘の陰に這入りけり 夜半

吊橋に立ちて日傘を廻しをり 風生

谷間はやかげり来し日傘かな 青邨

パラソルを松葉牡丹に干しつらね 石鼎

加茂川の紺の水辺の日傘かな 石鼎

日傘とは梅の蔭よりさして出る 石鼎

細き柄の長くて軽くて日唐傘 石鼎

胸病めば農婦日傘をさして通る 草田男

はたと合ふ眼の悩みある白日傘 蛇笏

病人に仕へて古りし日傘かな 月二郎

色深きふるさと人の日傘かな 汀女

日傘一つ女気を絶ちたる木の山へ 草田男

ぬけうらを抜けうらをゆく日傘かな 万太郎

風あまり強くて日傘たたみもし 虚子

海へゆく色とりどりの日傘かな 万太郎

ふつふつと日傘のひまに泥地獄 汀女

狐舎を見る朱の日傘を傾けつ 波郷

鏡台の柄に日傘吊り独り棲み 草田男

柄の長き日傘が流行り来りけり 立子

乗るまでもなし大佛へ日傘さし 立子

日傘閉づ大山門に侏儒となり 爽雨

山路ゆくさしかけ日傘しかと寄れ 爽雨

七月 百合 月見草 合歓の花 夾竹桃 青田 雲の峰 夕立 団扇 日除け 日傘 道おしえ 夏の山 キャンプ 雪渓 清水 涼し 浴衣 涼み 打ち水 夏の月 心太 すし 風鈴 釣葱 金魚 水中花 閻魔詣 祇園祭 日盛 炎天 昼寝 夕焼 雨乞 避暑 帰省 梅干 夏痩せ 夕顔 睡蓮 トマト 茄子 御祓 ダリア 向日葵 虎杖の花 百日紅 病葉
お得区案内図