晩夏

茂吉
ふるさとの 蔵の白かべに 鳴きそめし 蝉も身に沁む 晩夏のひかり

草田男
晩夏光バットの函に詩を誌す

林火
坂に見る埠頭夕焼けてゐし晩夏

林火
舟やれば赫き藻なびく晩夏なり

草城
遠ラヂオ晩夏の曲に憶えあり

草城
名を知らぬ晩夏の花たてまつる

林火
晩夏光刃物そこらにある怖れ

林火
葛山を占むる晩夏の汽車の笛

波郷
晩夏光ベッドの端に身を起こす

鷹女
晩夏光老の一文字書いては消し

鷹女
死にがたし生き耐へがたし晩夏光

林火
晩夏ながし一木一草なく住めば

三鬼
晩夏の音鉄筋の端みな曲り

三鬼
頭上げ下げ叫ぶ晩夏のぼろ鴉

耕衣
晩夏また道が尋ねて来るおきな

七月 百合 月見草 合歓の花 夾竹桃 青田 雲の峰 夕立 団扇 日除け 日傘 道おしえ 夏の山 キャンプ 雪渓 清水 涼し 浴衣 涼み 打ち水 夏の夜 夏の月 心太 すし 扇風機 風鈴 釣葱 金魚 水中花 閻魔詣 祇園祭 日盛 炎天 昼寝 夕焼 雨乞 空蝉 夏の海 避暑 帰省 土用 土用浪 虫干し 梅干 夏痩せ 夕顔 睡蓮 トマト 茄子 御祓 ダリア 向日葵 凌霄花 虎杖の花 百日紅 病葉
お得区案内図