百合

古歌集
道の辺の草深百合の花笑みに笑みしがからに妻といふべしや

家持
油火の光に見ゆる我がかづらさ百合の花の笑まはしきかも

伊美吉縄麻呂
燈火の光りに見ゆるさ百合花ゆりも逢はむと思ひそめてき

家持
さ百合花ゆりも逢はむと思へこそ今のまさかもうるはしみすれ

立かかる清水や岩に百合の花 支考

しさりたり寄ても見たりゆりの花 千代女

ひとすじに百合はうつむくばかり也 千代女

胸をやむ人を似せてや百合の花 也有

かりそめに早百合生けたり谷の房 蕪村

草臥や百合になぐさむ鳳来寺 暁台

空ざまにゆり咲て日を禀るかな 暁台

しんしんとゆりの咲けり鳴雲雀 一茶

百合 月見草 合歓の花 夾竹桃 青田 雲の峰 夕立 団扇 道おしえ 夏の山 キャンプ 清水 涼し 浴衣 涼み 打ち水 夏の月 心太 すし 風鈴 釣葱 金魚 水中花 閻魔詣 祇園祭 日盛 炎天 昼寝 夕焼 雨乞 避暑 帰省 梅干 夏痩せ 夕顔 睡蓮 トマト 茄子 御祓 ダリア 向日葵 虎杖の花 百日紅
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図