夕顔

源氏物語・夕顔
心あてにそれかとぞ見る白露の光そへたる夕顔の花

源氏物語・夕顔
寄りてこそそれかとも見めたそかれにほのぼの見つる花の夕顔

新古今集 前太政大臣頼実
白露のなさけ置きけることの葉やほのぼの見えし夕顔の花

西行
山がつの折かけ垣のひまこえてとなりにも咲く夕がほの花

西行
あさでほす賤がはつ木をたよりにてまとはれて咲く夕がほの花

寂蓮
山賤の契のほどや忍ぶらん夜をのみ待つ夕顔の花

有家
むぐらはふ賤が垣根も色はへて光ことなる夕顔の花

定家
この頃は賤がふせやの垣ならび涼しく咲ける夕顔の花

定家
くれそめてくさの葉なびく風のまにかきねすずしき夕顔の花

定家
木の間もる垣根にうすき三日月の影あらはるる夕顔の花

家隆
煙立つ賤が庵が薄霧のまがきに咲ける夕顔の花

夕立 団扇 日除け 日傘 道おしえ 夏の山 キャンプ 雪渓 清水 涼し 浴衣 涼み 打ち水 夏の夜 夏の月 心太 すし 扇風機 風鈴 釣葱 金魚 水中花 閻魔詣 祇園祭 日盛 炎天 昼寝 夕焼 雨乞 空蝉 夏の海 避暑 帰省 土用 土用浪 虫干し 梅干 夏痩せ 夕顔 睡蓮 トマト 茄子 御祓 ダリア 向日葵 虎杖の花 百日紅
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図