西行

さみだれに干すひまなくて藻塩草けぶりもたてぬ浦の海士人

水無瀬河をちのかよひぢ水みちて船わたりする五月雨の頃

ひろせ河わたりの沖のみをつくしみかさそふらし五月雨のころ

はやせ川綱手のきしを沖に見てのぼりわづらふさみだれの頃

水分くる難波ほり江のなかりせばいかにかせまし五月雨のころ

船据ゑし湊の蘆間棹立てて心ゆくらんさみだれの頃

水底に敷かれにけりなさみだれて美豆の眞菰を刈りに来たれば

五月雨のをやむ晴間のなからめや水の嵩ほせ真菰かり舟

さみだれに佐野の舟橋うきぬればのりてぞ人はさしわたるらむ

五月雨の晴れぬ日數のふるままに沼の眞菰はみがくれにけり

水なしと聞きてふりにし勝間田の池あらたむる五月雨の頃

さみだれはゆくべき道のあてもなし小笹が原もうきに流れて

五月雨は山田の畔の滝枕数を重ねて落つるなりけり

川わたの淀みにとまる流れ木の浮橋渡すさみだれのころ

思はずにあなづりにくき小川かな五月の雨に水まさりつつ

風をのみ花なき宿は待ち待ちて泉の末をまた掬ぶかな

水の音にあつさ忘るるまとゐかな梢のせみの聲もまぎれて

杣人の暮にやどかる心地していほりをたたく水鷄なりけり

夏山の夕下風のすずしさにならの木かげのたたまうきかな

かき分けて折れば露こそこぼれけれ淺茅にまじる撫子の花

遍昭 業平 小町 道真 素性 千里 敏行 元方 忠岑 是則 友則 貫之 躬恒 定文 兼輔 宗于 興風 深養父 伊勢 敦忠 清正 兼盛 元輔 朝忠 信明 中務 能宣 好忠 重之 恵慶 長能 道済 公任 実方 赤染衛門 紫式部 和泉式部 能因 伊勢大輔 相模 経信 匡房 顕季 俊頼 基俊 顕輔 忠通 頼政 清輔 俊惠 俊成

崇徳院 寂蓮 兼実 式子内親王 長明 慈円 有家 家隆 定家 良経 実朝 良寛 曙覧
短歌 歌枕 俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句