真菰 まこも かつみ

万葉集・巻十一
真菰刈る大野川原の水隠りに恋ひ来し妹が紐解く我れは

貫之
真菰刈る淀の澤水雨ふればつねよりことにまさるわが恋

古今集・巻十四
陸奥の安積の沼の花かつみかつ見る人に恋ひやわたらむ

好忠
下り立ちて忍びに淀の真菰刈るあなかま知らぬ人の聞くがに

経信
三島江の入江のまこも雨ふればいとどしほれてかる人もなし

匡房
真菰かる淀の澤水ふかけれどそこまで月のかげはすみけり

顕輔
さみだれに浅沢沼の花かつみかつ見るままに隠れゆくかな

西行
みな底にしかれにけりなさみだれて水の眞菰をかりにきたれば

西行
五月雨のをやむ晴間のなからめや水のかさほせまこもかり舟

西行
五月雨の晴れぬ日數のふるままに沼の眞菰はみがくれにけり

定家
五月雨にみづなみまさるまこもぐさ短くてのみあくる夏の夜

水深く利鎌鳴らす真菰刈 蕪村

晶子
真菰伏すかぜにまじりてはしきやし香取の宮の大神はある

さはさはと真菰動くや鎌の音 虚子

真菰刈る童に鳰は水走り 秋櫻子

真菰刈童がねむる舟漕り 秋櫻子

真菰中鹿島詣での舟ひろふ 爽雨

吹き靡き真菰の中に杭見ゆる 立子

ネオンの灯青真菰より立ちのぼる 青邨

舟先に真菰へなへな節沈む 夜半

夕焼の風に消えゆく真菰かな 万太郎

五月雨 蝸牛 雨蛙 さくらんぼ 青梅 紫蘇 枇杷 早苗 田植え 早乙女 誘蛾灯 灯取虫 アマリリス 蛍籠 蓮の浮葉 浮き草 河骨 夏の川 鵜飼 青すすき 真菰 葭切 翡翠 蚊帳 蚊遣 青嵐 風薫る ほととぎす 閑古鳥 夏木立 茂り 夏野 夏草 昼顔 暑さ 青簾 籐椅子 百合 月見草 合歓の花 夾竹桃 青田 雲の峰 夕立
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内