和歌と俳句

梅雨晴れ

梅雨晴れやところどころに蟻の道 子規

梅雨晴や蜩鳴くと書く日記 子規

晶子
梅雨晴の 日はわか枝こえ きらきらと おん髪をこそ 青う照りたれ

晶子
天の原 にごれる海を みなもとに なして行くらむ 梅雨霽の川

牧水
峡縫ひて わが汽車走る 梅雨晴の 雲さはなれや 吉備の山々

梅雨はれや雲たち騒ぐ杉檜山 石鼎

山は街は梅雨晴るる海のささ濁り 山頭火

梅雨晴やさやかに枯れて散る一葉 石鼎

茂吉
ひとときの 梅雨の晴れ間に さ庭べの 軍鶏の羽ばたき 見てゐるわれは

梅雨晴や午後の屋上遊歩園 草城

牧水
雀とると 飽かぬ仔犬が たくらみの 小走りをかし 梅雨の晴間を

千樫
梅雨ばれの あかとき靄の 立ちうごく 峠の驛に 顔あらふかも

千樫
梅雨ばれの 光のなかを 最上川 濁りうづまき 海にいづるかも

梅雨晴の白雲いまだ収らず 虚子

とり出す蚊帳のみどりや梅雨の晴 石鼎

千樫
梅雨はれて 夕空ひろし ここに見る 筑波の山の 大きかりけり

梅雨晴や鵜の渡り居る輪島崎 普羅

蝶来るや梅雨の晴間の五葉松 普羅

大島と久に逢ひ見て梅雨晴れぬ たかし

咲きのぼり梅雨晴るる日の花葵 たかし

梅雨晴や暗礁も見えず油凪 泊雲

梅雨はれや御柳にふくむ玉の露 石鼎

梅雨晴の柱の裾に日当れり 播水

梅雨晴や藺田を培ふ女一人 石鼎

梅雨晴や藺田のほとりの女学校 石鼎

梅雨晴やとつて放ちし草蜉蝣 石鼎

梅雨晴や樹を折り遊ぶ女学生 普羅

薄様の鉋をながれ梅雨晴間 石鼎

梅雨晴の梅雨の葉おちる 山頭火

老けし手に梅雨の霽れ間の日が当たる 草城

梅雨晴の波こまやかに門司ヶ関 虚子

焼跡へ梅雨晴の空ひた押しに 草田男

梅雨晴の夕茜してすぐ消えし 虚子

青山に遠山かさね梅雨晴るる 普羅

梅雨晴や北斗の下の能登に入る 普羅

病者睡て足裏くろく梅雨晴間 波郷

梅雨の晴マッチは匂ふ火を発し 汀女

梅雨晴れ間をんな傾きくしけづる 三鬼

かみそりのやうな風来る梅雨晴間 立子

木曾谷は幟立つ日と梅雨晴れぬ 悌二郎

恵那山は雲被ぐとも梅雨の晴 悌二郎

耳鳴りのわが声高き梅雨晴間 立子

梅雨晴も三日は荷とす旅の傘 悌二郎