蚊遣り 蚊遣火

好忠
蚊遣火のさ夜ふけがたの下こがれ苦しやわが身人知れずのみ

俊頼
世の中を あくたにくゆる 蚊遣火の おもひむせびて すぐすころかな

俊頼
蚊遣火の煙になるる菰簾ものむつかしき我が心かな

俊頼
来る人もなき山里はかやり火のくゆる煙ぞ友となりける

俊成
夕立のそそぎてすぐる蚊遣火の湿りはてぬるわが心かな

西行
夏の夜の月みることやなかるらむかやり火たつる賤の伏屋は

式子内親王
山がつの蚊遣火たつる夕暮もおもひの外にあはれならずや

家隆
蚊遣火のけぶりにしづむ山里を人のとはぬもおもひしるらん

定家
さらでだにいぶせき宿ぞ蚊遣火にくゆる烟のたたぬよもなく

定家
ひとはすむとばかり見ゆるかやり火のけぶりを頼むをちの柴垣

定家
かやり火の烟のあとや草枕たちなむ野邊のかたみなるべき

俊成
蚊遣火のけぶりばかりや山がつの宿を知らるるよそめなるらむ

俊成
あはれさを人見よとても立てざらむ煙さびしきしづが蚊遣火

俊成
やまがつのふせやの庭の蚊遣火も煙はおなじ雲となるらむ

定家
ながめやる麓のいほの蚊やり火のけぶりも涼しおろす山かぜ

定家
こがるとて烟も見えじ時しらぬ竹のは山の奥の蚊遣火

雨蛙 さくらんぼ 青梅 紫蘇 枇杷 早苗 田植え 早乙女 誘蛾灯 火取虫 アマリリス 蛍籠 蓮の浮葉 浮き草 河骨 夏の川 鵜飼 青すすき 真菰 葭切 翡翠 蜘蛛 蟻地獄 蚊帳 蚊遣 青嵐 風薫る ほととぎす 閑古鳥 夏木立 茂り 夏野 夏草 昼顔 暑さ 青簾 籐椅子 百合 月見草 合歓の花 夾竹桃 青田 雲の峰 夕立
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内