河骨 こうほね

河骨や終にひらかぬ花盛 素堂

河骨の花一時もさるほどに 嵐雪

川骨や撥に凋る夜半楽 嵐雪

河骨の二もとさくや雨の中 蕪村

水渺々河骨茎をかくしけり 召波

河骨の水を出兼る莟哉 子規

河骨の蕾乏しき流れ哉 子規

子規
すみあらす 伏家の庭の 池ふりて 眞菰がくれに さける河骨

子規
釣垂れて魚餌につかず蜻蛉のとまりては飛ぶ河骨の花

河骨のはなのに神鳴る野道かな 虚子

河骨の高き莟を上げにけり 風生

河骨を見てゐる顔がうつりけり 青邨

河骨の金鈴ふるふ流れかな 茅舎

河骨の花見つけたるうす濁り 立子

河骨の上に撥橋撥ねてかかる 青邨

橋の下闇し河骨の花ともる 青邨

河骨にとどめし舟の吹かれ寄る 素十

河骨やしんと日傘を透す日に 汀女

五月雨 蝸牛 雨蛙 さくらんぼ  青梅 紫蘇 枇杷 早苗 田植え 早乙女 誘蛾灯 灯取虫 アマリリス 蛍籠 蓮の浮葉 浮き草 河骨 夏の川 鵜飼 葭切 翡翠 蚊帳 蚊遣 青嵐 風薫る ほととぎす 閑古鳥 夏木立 茂り 夏野 夏草 昼顔 暑さ 青簾 籐椅子 百合 月見草 合歓の花 夾竹桃 青田 雲の峰 夕立
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図