短夜

後撰集 兼輔
短夜のふけゆくままに白妙の峰の松風ふくかとぞきく

好忠
夏引の白糸のてぐりまだしきに夜は短くなりにけるかな

式子内親王
みじか夜の窓の呉竹うちなびきほのかに通ふうたたねの秋

定家
釣船にはかなくあかす旅人のうき寝すずしきなつのみじか夜

定家
短夜の猪名の笹原かりそめにあかせばあけぬ宿はなくとも

定家
なきぬなり木綿附鳥のしだり尾のおのれにも似ぬよはの短き

短夜や旭にあまる鶏の声 千代女

みじか夜や蚤ほとゝぎす明のかね 也有

短夜や棚に鼠の明のこり 也有

みじか夜や六里の松に更たらず 蕪村

みじか夜や毛むしの上に露の玉 蕪村

みじか夜や二尺落ちゆく大井川 蕪村

短夜や同心衆の川手水 蕪村

短夜や枕にちかき銀屏風 蕪村

短夜や芦間流るる蟹の泡 蕪村

みじか夜や眠らでもるや翁丸 蕪村

短夜や一つあまりて志賀の松 蕪村

短夜やおもひがけなき夢の告 蕪村

短夜や浪うち際の捨篝 蕪村

みじか夜の闇より出て大井川 蕪村

短夜や吾妻の人の嵯峨泊り 蕪村

みじか夜や浅瀬にのこる月一片 蕪村

みじか夜や小見世明けたる町はづれ 蕪村

みじか夜や浅井に柿の花を汲 蕪村

みじか夜や伏見の戸ぼそ淀の窓 蕪村

みじか夜や葛城山の朝曇 蕪村

みじか夜や村雨わたる板庇

みじか夜や人現なき茶師が許 暁台

みじか夜や今朝関守のふくれ面 太祇

みじか夜やむりに寐ならふ老心 太祇

みじか夜や雲引残す富士のみね 太祇

みじかよや旅寐のまくら投わたし 太祇

短夜をきそふこゝろよ老の夢 青蘿

短夜や空とわかるゝ海の色 几董

短夜や伽羅の匂ひの胸ふくれ 几董

短夜に竹の風癖直りけり 一茶

短夜をあくせくけぶる浅間哉 一茶

短夜やくねり盛の女郎花 一茶

短夜や河原芝居のぬり皃に 一茶

六月 花菖蒲 あやめ   杜若 短夜 初鰹 花橘 柿の花 石榴の花 栗の花 椎の花 栴檀の花 えごの花 くちなしの花 紫陽花 茴香の花 紅の花 十薬 萱草の花 梅雨 五月雨 蝸牛 さくらんぼ  青梅 枇杷 早苗 田植え 早乙女 アマリリス 鵜飼 葭切 翡翠 蚊帳 青嵐 風薫る
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図