和歌と俳句

梅雨雲

千樫
梅雨の雲白くおりゐて見の親し船の舳むかふ真鶴岬

屋根石に嶺に梅雨雲おりたるよ 秋櫻子

雑草の花もちたれば梅雨の雲 秋櫻子

なまぐさき梅雨雲朝のまま夕べ 三鬼

青し国原梅雨雲のひらかむとして 亞浪

梅雨雲のうぐひす鳴けりこゑひそか 秋櫻子

青空を秘めつ覆ひつ梅雨の雲 石鼎

ほとびては山草を這ふ梅雨の雲 蛇笏

梅雨雲やありとも見えぬ阿蘇を指す 月二郎

梅雨雲にすみ竈の火ぞ黄なりけり 茅舎

梅雨雲や淡路島山横たはり 虚子

山畑や麦まだからぬ梅雨の雲 秋櫻子

梅雨雲の動きゐるときあるごとし 楸邨

梅雨雲のねがへばともるところかな 楸邨

梅雨の雲幾嶽々のうらおもて 蛇笏

沖は梅雨雲歴史の幕のとざされて 草田男

手賀沼の沼尻水漬く梅雨の雲 秋櫻子

梅雨雲に触れ飛ぶ鳥は遠飛ぶや 波郷

手摺まで来ては消ゆるや梅雨の雲 万太郎

まのあたり嶽しづもりて梅雨の雲 蛇笏

梅雨雲こめて雪舟の庭くらし 秋櫻子

四六時中点滴梅雨雲千変す 林火