和歌と俳句

杏子 あんず アプリコット

医者どのと酒屋の間の杏かな 召波

晶子
杏の実うすく赤める木の下に砂を流せるあけがたの雨

赤彦
古りにし佛の御堂にまゐり来れば杏は熟れぬ道のうへの木に

赤彦
七月の旱天久しみ埃ふかき街なかの木に杏熟れたり

赤彦
善光寺山門下の家々に木垂る杏は黄に熟れにけり

静脈の浮いた手に杏をとらへ 龍之介

杏子あまさうなひとはねむさうな 犀星

あんずあまさうな雑木の門がまへ 犀星

となり家の杏落ちけり小柴垣 犀星

方丈の沓かりてもぐ杏かな 禅寺洞

風見鶏くくとまはりぬ杏掌に 楸邨