和歌と俳句

浮草 萍

古今集・雑歌 小野小町
わびぬれば身をうき草の根を絶えて誘ふ水あらばいなんとぞ思ふ

古今集・雑歌 躬恒
水の面におふるさ月の浮草のうき事あれや根をたえてこぬ

躬恒
水のおもにおひてみだるるうきくさはなみのうへにやたねをまきけん

定家
池水にすゑうちさわぐ浮草はまづ夕風のふきや初むる

流れ流れ萍の花のさかり哉 来山

浮草や雨のふる日も常の花 千代女

萍やとりおとしたる咲所 千代女

萍の花より低き通りかな 一茶

萍や黒い小蝶のひらひらと 一茶

萍の花からのらんあの雲へ 一茶

牧水
根を絶えて浮草のはなうすいろに咲けるを摘めばなみだ落ちぬれ

うき草のそぞろに生ふる古江かな 虚子

浮草や蜘蛛渡りゐて水平ら 鬼城

萍に膏雨底なく湛へけり 普羅

萍に伊吹見出でて雨上る 普羅

曲江にみる萍や機上の婦 蛇笏

萍や行く方さだめぬ恋なれど 龍之介

萍に松の緑を摘み捨てし たかし

うき草の茎の長さや山の池 虚子

風向に萍の花しづもりぬ 青邨

古水にうきくさの葉のうすみどり 草城

萍の中の舟路岐れをり 播水

うき草の生ひしところに波見ゆる 虚子

萍に雨のやみたる水の面かな 虚子

萍や月夜さだかにかすかにも 汀女

萍を逃るるさまに漕ぎ離れ 汀女

萍に大粒の雨到りけり 立子

萍や堂塔亡びまた建たず 秋櫻子

萍はそぞろに青み母の老い 汀女

萍の誘はれ流れ還へられず 悌二郎

萍が隙慌て閉づ何か跳ね 悌二郎

萍の平は水の平なる 誓子

萍の走る川見て越に入る 林火