和歌と俳句

南瓜の花

漱石
なんのその南瓜の花も咲けばこそ

赤彦
向じ家の 南瓜の花は 屋根をこえて 延び来るかな 黄の花を向けて

鬼城
南瓜咲いて西日はげしき小家かな

山頭火
捨苗いつか花つけし南瓜うれしけれ

山頭火
かぼちやおほきく咲いてひらいておばあさんの顔

山頭火
みんなたつしやでかぼちやの花も

草田男
吾子等喜戯南瓜の花は民の花

青畝
花南瓜石の台にのりそひき

三鬼
南瓜の花破りて雷の逃ぐる音

三鬼
かぼちや咲き眼立て爪立て蟹よろこぶ