和歌と俳句

夏目漱石

西の対へ渡らせ給ふかな

紅白の蓮擂鉢に開きけり

涼しさ奈良の大仏腹の中

淋しくもまた夕顔のさかりかな

あつきものむかし大阪夏御陣

夕日さす裏は磧のあつさかな

くらがりに団扇の音や古槐

夏痩て日に焦けて雲水の果はいかに

床に達磨芭蕉涼しく吹かせけり

百日紅浮世は熱きものと知りぬ

絹団扇墨画の竹をかかんかな

夏書すと一筆しめし参らする

なんのその南瓜の花も咲けばこそ

我も人白きもの着る涼みかな

満潮や涼んで居れば月が出る

大慈寺の山門長き青田かな

五月雨や鏡曇りて恨めしき

生れ代るも物憂からましわすれ草

薫風や銀杏三抱あまりなり

茂りより二本出て来る筧哉

亭寂寞薊鬼百合なんど咲く

顔黒く鉢巻赤し泳ぐ人

裸体なる先生胡坐す水泳所

泳ぎ上り河童驚くかな

隣より謡ふて来たり夏の月