和歌と俳句

時鳥 ほととぎす

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

一葉
ともに聞く 人の来よかし 時鳥 一こゑ鳴きて 今過ぎにけり

漱石
帰ろふと泣かずに笑へ時鳥

一葉
思ひ寝の ゆめかとぞおもふ ほととぎす 待ちつかれたる 夜半の一こゑ

一葉
うらやまし ひと日住まばや 子規 なく山ざとの 柴のいほりに

子規
こぬ人を まつちの山の 郭公 君よりさきに おとづれにけり

子規
時鳥 なきつと人の つたへきて 同じ初音を またもきく哉

子規
山々は萌黄浅黄やほととぎす

漱石
鳴くならば満月になけほととぎす

虚子
子規鳴く頃寒し浅間山

虚子
家二軒笠取山の時鳥

虚子
子規鳴き過ぐ雲や瀧の上

虚子
ほととぎす月上弦の美濃路行く

虚子
大粒の雨になりけりほととぎす

子規
説教にけがれた耳を時鳥

虚子
引網の夕汐時やほととぎす

漱石
時鳥あれに見ゆるが知恩院

漱石
時鳥たつた一声須磨明石

漱石
湖や湯元へ三里時鳥

漱石
時鳥名乗れ彼山此峠

一葉
あれきけと 人呼びおこす 程もなし 初時鳥 よはの一こゑ

一葉
柴の戸の あけくれなれて きく頃は ほととぎすとも いふ人のなき

一葉
ほととぎす 啼きて過ぎゆく 山寺の 軒端に高し 有明の月

漱石
時鳥馬追ひ込むや梺川

虚子
故郷の月ほととぎすでもなきさうな

漱石
郭公茶の間へまかる通夜の人

子規
時鳥 鳴きて谷中や 過ぎぬらし 根岸の里に むら雨ぞふる

虚子
ほととぎす啼きどよもすや墳の上

子規
鉢植の梅の実黄なり時鳥

子規
サミダレノ 闇ノ山道 タドリ行ク 松明消エテ 鳴クホトヽギス

子規
葛城ノ ミ谷ニ眠ル ヰノシヽノ 鼾ノ上ニ 鳴クホトヽギス

漱石
京に行かば寺に宿かれ時鳥

漱石
病んで一日枕にきかん時鳥


時鳥 竹やぶ多き 里過ぎて 麥のはたけの 月に鳴くなり

子規
時鳥辞世の一句なかりしや

虚子
鼓あぶる夏の火桶や時鳥

晶子
ほととぎす 聴きたまひしか 聴かざりき 水のおとする よき寝覚かな

晶子
ほととぎす 治承寿永の おん国母 三十にして 経よます寺

虚子
御車に牛かくる空やほととぎす

碧梧桐
明き星傾く空や時鳥

晶子
ほととぎす 戸をくる袖の 友染に 松の月夜の つづく住の江

晶子
ほととぎす 東雲どきの 乱声に 湖水は白き 波たつらしも

晶子
赤城山 百合しろかりし ふもと野の 夜あけを思ふ ほととぎすかな

牧水
火の山の 裾の松原 月かげの 疎き月夜を ほととぎす啼く

牧水
さらばなり 信濃の国の ほととぎす 碓氷越えなば また聞かめやも

晶子
明星の 光りの生みし あけがたの 風のたぐひか 山ほととぎす

晶子
川淀に月あり舟に人のあり大あめつちにほととぎす啼く

晶子
左より 三つ目の窓の ともしびに つぶて打つ時 なくほととぎす

牧水
青海の うねりのごとく 起き伏せる 岡の国あり ほととぎす行く

牧水
梅雨晴の 午後のくもりの 天地の つかれしなかに ほととぎす啼く

牧水
暈帯びて 日は空にあり 山に風 青暗し ほととぎす啼く

晶子
ほととぎす 白の袷の 裾ならべ 五人います 法華寺の衆

蛇笏
燈台の浪穂の舟やほととぎす

蛇笏
寺にみつ月のふるさやほととぎす

晶子
白き砂海にすべりて入る如き夜の遠方の山ほととぎす

鬼城
手燭して妹が蚕飼や時鳥

鬼城
からかさにいつか月夜や時鳥

鬼城
時鳥鳴くと定めて落居けり