和歌と俳句

碓氷の山 碓氷峠

長野県と群馬県の境にある峠。

万葉集東歌
日の暮れに碓氷の山を越ゆる日は背なのが袖もさやに振らしつ

万葉集防人歌
ひな曇り碓氷の坂を越えしだに妹が恋しく忘らえぬかも

白雄
魂むかひこゝろ碓氷を越る夜ぞ

子規
つづらをり いくへの峯を 渡りきて 雲間に低き 山もとの里

虚子
短夜の闇に聳ゆる碓氷かな

牧水
さらばなり信濃の国のほととぎす碓氷越えなばまた聞かめやも

亞浪
咲いて碓氷の水の冷たさよ

虚子
紅葉客熊の平にどかと下りぬ

茂吉
いにしへの碓氷峠ののぼり路にわれを恐れて飛ぶ小鳥あり

白秋
碓氷嶺の南おもてとなりにけりくだりつつ思ふ春のふかきを

白秋
靄ごめにもえてかがやく朱の若葉碓氷峠の旧道ゆけば

かな女
碓氷の灯花野の珠とつゞり見ゆ

茂吉
妻とふたり碓氷の坂をとほりたり落葉松の葉のおちそめしころ

茂吉
いつしかも碓氷峠の頂に立てりけり妙義の山々くすし

茂吉
碓氷ねの泉のみづはあふれあふれ清きながらに東へおちたぎつ