和歌と俳句

榛名山

子規
都べは秋猶熱し上野や榛名の山の花野しおもほゆ

雲少し榛名を出でぬ秋の空 漱石

野を焼くや風曇りする榛名山 鬼城

榛名山大霞して真昼かな 鬼城

冬空を塞いで高し榛名山 鬼城

晶子
をちかたの七重の峰と対ひ咲く榛名の山の山吹の花

晶子
唯あるは千年の巌杉木立榛名の神のみやしろの路

晶子
雨雲の色に樗の花なびく榛名の渓の風も悲しき

啄木鳥や湖の光がくる林 楸邨

茂吉
ひるすぎて 霧のみだれの 晴れゆけば 榛名の谷に 雪のこる見ゆ

雲霧や夏の蝶とぶ箸のさき 麦南

秋雨をさびしと雲や榛名富士 汀女

伊香保の灯見えて夜寒や榛名山 たかし

町筋に夜寒晴して榛名山 たかし

榛名山錦繍寂びぬ七五三 秋櫻子

鐘撞けばゆらぐ榛名の大 秋櫻子

榛名湖

茂吉
榛名の湖 汀に立てば 北空は しづかに晴れて 動く雲みず

榛名湖のふちのあやめに床机かな 虚子

遊船のひまな船頭と話しけり 青邨

キャンプより漕ぎ出したるボートかな 青邨

茂吉
かぎろひの 日は照らせども みづうみの 浪うちぎはに 雪ぞのこれる

茂吉
伊香保呂の 榛名の湖の 汀にて 消のこる雪を 食へるをさなご

突然と霧の中より子等の声 立子

舷に物ふるゝ音霧の中 立子

白秋
巓の 裏行く低き 冬の雲 榛名の湖は 山のうへの湖

白秋
上つ毛 榛名のみ湖 雲のうへの いただきにして 冬の陽映す

白秋
雲過ぎて 陽のあたりたる 湖面には 漁舟ひとつ 見ゆとふかなや

春寒き湖より湧ける夜霧かな 上村占魚

湖冷えにくはえ山冷え春炬燵 上村占魚

榛名湖の春水堰をあふれ落つ 上村占魚

湖畔にて車前草の露滂沱たり 風生

巌裂けて山菊をその襞に垂る 風生