和歌と俳句

末の松山

古今集・冬 おきかぜ
浦ちかくふりくるは 白浪の末のまつ山こすかとぞ見る

古今集・東歌
君をおきてあだし心をわがもたば 末の松山浪もこえなむ

後撰集・恋 土左
わか袖は名に立つ末の松山か空より浪の越えぬ日はなし

後拾遺集・恋小倉百人一首 元輔
契りきなかたみに袖をしぼりつゝ末の松山波こさじとは

匡房
いかにせん末の松山波こさばみねの初雪消えもこそすれ

経信
みちのくの末の松山うらうへにこすしらなみはちよの数かも

俊頼
いつしかとすゑの松山かすめるは浪ともにや春もこゆらむ

俊頼
ほとときす末の松山かぜ吹けば波こす暮にたちゐ鳴くなり

頼政
はる霞 隔つるころは 白波の 越すとも見えず 末の松山

新勅撰集・雑歌 清輔朝臣
ふるさとの ひとにみせばや しらなみの きくよりこゆる すゑのまつやま

俊成
うかりける昔の末の松山よ波こせとやは思ひ置きけん

西行
頼めおきし その言ひ事や あだなりし 波越えぬべき 末の松山

西行
松山の 波に流れて 来し舟の やがて空しく なりにけるかな

西行
松山の 波の気色は 変らじを 形なく君は なりましにけり

西行
春になれば ところどころは 緑にて 雪の波越す 末の松山

寂蓮
たちかへり 来るとし波や 越えぬらむ 霞かかれる 末の松山

新古今集・春 家隆
霞立つすゑのまつやまほのぼのと波にはなるるよこぐもの空

寂蓮
老の波越えける身こそあはれなれことしも今はすゑの松山

千載集 藤原親盛
秋風は浪とともにや越えぬらんまだき涼しき末の松山

新古今集・雑歌 加賀左衛門
しらなみの越ゆらむすゑのまつ山は花とや見ゆる春の夜の月

定家
思ひ出でよ末の松山すゑまでも波越さじとは契らざりきや

良経
知るや君すゑのまつやま越す波に猶も越えたる袖のけしきを

雅経秋はいま すゑのまつやま 波こえて あだし心は ありあけの月

定家
梓弓すゑの松山はるはただけふまでかすむ波のゆふぐれ

俊成
波越さばうらみむとこそ契りしがいかがなりゆく末の松山

新勅撰集・恋 源家長朝臣
いたづらに いくとしなみの こえぬらん たのめかおきし すゑのまつやま