和歌と俳句

名取川

古今集・恋 忠岑
陸奥にありといふなる名取川なき名とりてはくるしかりけり

新古今集・冬 源重之
名取川やなせの浪ぞ騒ぐなる紅葉やいとどよりてせくらむ

経信
名取川そこさへぞ照る夏の夜は蛍ひまなく見へわたりつつ

西行
名取河岸のもみぢの映る影はおなじ錦を底にさへ敷く

定家
名取河いかにせむともまだしらず思へば人を恨みつるかな

新古今集・恋 寂蓮法師
ありとても逢はぬためしの名取川朽ちだにはてね瀬々の埋もれ木

新古今集・恋 良経
歎かずよ今はた同じ名取川瀬々の埋もれ木朽ち果てぬとも

定家
あらはれて袖の上行く名取川いまはわが身にせくかたもなし

定家
名取川こころにくたす埋木のことわりしらぬそでのしがらみ

定家
名取川こころのとはむ言のはもしらぬ逢ふ瀬は渡りかねつつ

一葉
名取河浪のぬれぎぬきつる哉おもふ心のまだかけなくに

一葉
ひたすらに厭ひは果てじ名取川なき名も恋のうちにぞありける

一葉
みちのくの無き名取川くるしきは人にきせたるぬれ衣にして

一葉
なとり川瀬々のうもれ木それすらも世にあらはるゝ時はありけり

一葉
いざさらばなき名とり川このままにぬれ衣にしてやみぬべきかは