和歌と俳句

籬の島

宮城県塩釜市の東の海上にある島。

古今集・東歌
わがせこを都にやりてしほがまのまがきの島のまつぞ恋しき

新勅撰集・雑歌 源信明朝臣
あけくれは まがきのしまを ながめつつ みやここひしき ねをのみぞなく

俊恵
春くれば 籬の島に かけてほす かすみの衣 ぬしや誰なる

実朝
塩釜の浦ふく風に秋たけて籬が島に月かたぶきぬ

一葉
心ある海士やうゑけんみちのくのまがきが島のしら菊の花

子規
涼しさのここを扇のかなめかな