和歌と俳句

正岡子規

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

寐ころんで酔のさめたる卯月

うすうすと窓に日のさす五月

短夜や逢阪こゆる牛車

短夜の雲をさまらずあたたらね

短夜の雲もかからず信夫山

あら壁に西日のほてるあつさかな

幾曲りまがりてあつし二本松

昼顔の花に皺見るあつさかな

上野から見下す町のあつさ哉

大仏を見つめかねたる暑哉

猶暑し骨と皮とになりてさへ

炎天の色やあく迄深緑

日ざかりや海人が門辺の大碇

すずしさや雲湧き起る海三寸

つり橋に乱れて涼し雨のあし

すずしさや滝ほとばしる家のあひ

涼しさや猶ありがたき昔かな

涼しさのここを扇のかなめかな

すずしさの腸にまで通りけり

すずしさや片帆を真帆に取直し

すずしさや舟うつり行千松嶋

涼しさや嶋かたぶきて松一つ

経の声はるかにすずし杉木立

涼しさや嶋から嶋へ橋づたひ

立ちよれば木の下涼し道祖神

ちろちろと焚火涼しや山の家

窓あけて寐ざめ涼しや檐の雲

風吹て篝のくらき鵜川