和歌と俳句

正岡子規

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

そぼふるやあちらこちらの田植歌

たてて嵐のほしき日なりけり

雨雲をさそふ嵐の幟かな

政宗の眼もあらん土用干

みちのくへ涼みに行くや下駄はいて

松嶋の闇を見てゐる涼みかな

筧にも滝と名のつく涼みかな

夏痩は野に伏し山に寐る身哉

風吹いて飛ばんとぞ思ふ衣がへ

旅衣ひとへにわれを護り給へ

家並に娘見せたる浴衣

青簾娘をもたぬ家もなし

きぬぎぬの心やすさよ竹婦人

鉢木の謡にむせぶ蚊遣

山寺の方丈深き蚊遣哉

片隅へ机押しやる蚊帳

山寺の庫裏ものうしや蝿叩

一梅雨を羽黒にこもるひじり哉

道ふさぐ竹のたわみや五月雨

五月雨の隅田見に出る戸口哉

五月闇あやめもふかぬ軒端哉

うれしさや小草影もつ五月晴

夕立や沖は入日の真帆かた帆

夕立にうたるる鯉のかしらかな

見てをれば夕立わたる湖水哉