和歌と俳句

正岡子規

明家に菖蒲葺いたる屋主哉

古家に五尺の菖かけてけり

旅籠屋の飯くふそばに蚊遣哉

なぐさみに蚊遣す須磨の薄月夜

蚊遣火や老母此頃わづらひぬ

歌書俳書紛然として昼寐

月赤し雨乞踊見に行かん

しひられてもの書きなぐる

吹き出しの水葛餅を流れけり

早鮓や東海の魚背戸の蓼

野の店や鮓に掛けたる赤木綿

夏嵐机上の白紙飛び尽す

洞穴や涼風暗く水の音

涼風や愚庵の門は破れたり

五月雨や大木並ぶ窓の外

五月雨や戸をおろしたる野の小店

五月雨やしとど濡れたる恋衣

雷の声五月雨これに力得て

今日も亦君返さじとさみだるる

夕立や並んでさわぐ馬の尻

戸の外に莚織るなり夏の月

妻去りし隣淋しや夏の月

電信の棒隠れたる夏野かな

行列の草に隠るる夏野かな

苔清水馬の口籠をはづしけり